パチンコ ヘソ釘(命釘)全機種に共通する最重要ポイント パチンコ スロット攻略法

パチンコ ヘソ釘(命釘)全機種に共通する最重要ポイント


ヘソ釘(命釘) パチンコ全機種に共通する重要なポイント


パチンコをする上で、最初に見る釘はヘソ釘(命釘)ですよね。

その釘の調整は、当然開いているほうがいいです。



開いた釘+もう一つ見て欲しいポイントが釘が

上を向いているか?
下をむいているか?


ヘソ釘(命釘)を見るとき、左右開いていて上向きのものがいいです。



なぜ、上向きの釘がいいのでしょうか?



それは、ステージからの入賞率がアップすること。

通常ルートを通ってくる玉に勢いがある場合、勢いを止めてくれ
スタートチャッカーに入りやすくなります。

また、ステージとヘソ釘(命釘)の間が狭ければ狭いほど
一直線に入賞すやすくなります。



パチンコをする上でヘソ釘(命釘)を見ることは大切です。

ヘソ釘とついでにワープ入口についても見てみましょう。

これはステージ性能が良い機種の場合なのですが玉を拾いやすいよう
調整された釘の機種を選ぶ。



ステージ性能が良い場合、通常ルートよりもワープルート
を重視したほうがいいですよね。

回転数をあげるためにも。


ステージ性能が良い場合、ワープ入り口の釘調整を見て
おいてください!


ワープ入り口もヘソ釘(命釘)同様左右広がっておりかつ
上向きがいいです。

これは、ワープ入り口がステージの真上にある場合。



機種によっては、ワープ入り口が横にある場合があります。

横にある場合は、ワープ入り口の釘はたてに並んでいますよね。

たてに並んだ釘で

上にある釘・・・・右側
下にある釘・・・・左側

に調整された台が最も良いです。


パチンコは釘の調整により、入賞率が大幅に変わってきます。
基本的なことですが、ここは慎重に選らんくださいね。



注意


釘からルートを考えることは大切なことです。

しかし、釘の良し悪しだけで回る台かどうかを判断すことは
難しいです。

なぜなら、パチンコ台にはクセがあるからです。

クセについては、次回ではありませんが後日書きますね。


釘を見ることは台を選ぶ大切な手段です。
パチンコ台にクセがあるからと言って釘を読むことを
辞めないでくださいね。

プロでも必ず釘を見て打ちにかかります。



年間、7桁を稼いでいる現役スロッター

山田 健三氏の特大極秘ネタが

157ページでまとめられています。

情報量の多さだけでなく中身もびっくりしますよ!

これが、本当に無料でいいのでしょうか?


パチスロ収支向上手引書




パチプロ光基氏によるなぜ素人でも勝てるのか?

パチプロから手法を教えてもらい

3日後、2500円という小資金で当りを引いた衝撃的デビュー映像。
(9分51秒)

パチプロ光基 本音トーク



ワンポイントアドバイス


現在のパチンコ機種は1/300の確率が主流です。

そのような確率の機種で25回転の台で12,000円投資し打ったとしても
当たらないことがあります。


ハマリは決して避けられません。


いかに、現金投資せずにもち玉で持ち越すかが勝つパチンコにする
重要なポイントです。




中身の薄さから無料攻略法にうんざり!
という方でにお勧め


パチンコ・パチスロ攻略法レオナビ


ネタバレ無料攻略。
やり過ぎですよね。(笑)



関連記事


良い台とは?台の中身を知り負けないパチンコをつくる

パチンコ 釘からルートを予想

パチンコ 釘から玉のルートを予測


トップページに戻る
パチンコ スロット攻略法

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。